サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団の演奏会に行ってきました。

今夜は母と2人の兄と一緒に、佐賀市文化会館開館30周年記念サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団の演奏会へ。

(佐賀市文化会館大ホール)

まずは、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番変ロ長調作品23。

指揮はユーリ・テミルカーノフが降板して、副芸術監督のニコライ・アレクセーエフ。

ピアノはジョージ・リー。

華奢な身体でしたが、バネのある演奏。

あんなにピアノが弾けたら、人生楽しいでしょうね。

続いてチャイコフスキーの交響曲第5番ホ短調作品64。

今日は下手側の席に座っていたのですが、1st.ヴァイオリンの後ろにコントラバスがいて、そのMIX感がとても心地良く身体に響いて来ました。

このオケは、いつもこの配置なのか?

チャイコだから特別なのか?

気になる。

気になる。