本日閉幕した展覧会『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』
(福岡アジア美術館)

先日、仕事の前に鑑賞してきました。

ちひろさんの絵は、教室の子供達が使っている教材『ブルクミュラー25の練習曲 Op.100』の表紙にも使われています。

ちひろさんは、時代に翻弄されながらも、しっかりと信念を持って生きた「絵描き」だったことがよくわかる展覧会でした。

ちひろさんと私との出会いは、小学校1年生の時に読んだ絵本「ひさの星」。

今の季節、近所の川へ蛍を観に行くと、この本の中の蛍の絵を思い出します。

今日も読み返してみました。

悲しすぎます。